しあわせ運べるように

今日は「防災とボランティアの日」
1995年1月17日午前5時46分、
淡路島北端を震源とする兵庫県南部地震が発生。
阪神・淡路大震災では、政府や行政の対応の遅れが批判された一方で、
学生を中心としたボランティア活動が活発化し、
「日本のボランティア元年」と言われました。
これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、
災害への備えの充実強化を図る目的で、
1995年12月の閣議で制定が決定され、翌1996年から実施されました。


060.gifしあわせ運べるように
作詞・作曲 臼井 真
サイト



今日は「おむすびの日」
米に関係する民間企業やJA等でつくる「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が
2000年11月に制定し2001年から実施。
阪神大震災ではボランティアの炊き出しで被災者が励まされたことから、
いつまでもこの善意を忘れないため、震災を忘れないために、
1月17日となりました。

★「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」
大きな地震の被害に遭われた方々は、
冬の寒い中、食べるものにも困っていました。
でも、すぐに全国各地から支援が届きました。
そして、ボランティアの手で炊き出しが行われ、
すぐ食べられる「おむすび」が配られたそうです。
その後、被災者におむすびの炊き出しをしてくれた事への
感謝の意味も込めて、
お米の大切さ・食生活を見直す運動が始まりました。
それが現在の、
「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」になります。



b0159210_1533820.jpg







b0159210_1439922.jpg






お父さまに握ったおむすび。












[PR]

by saebyj | 2015-01-17 14:57 | 郷ひろみ | Comments(4)

Commented by Σ at 2015-01-17 17:27 x
さえさん、色々と考えさせられる
1.17ですよね。
お話有り難うございました。


食が細くなられたお父様に
ちっちゃなおむすび。
....懐かしい1枚です。
Commented by 福島のくまちゃん at 2015-01-17 21:15 x
こんばんは。
今年お初です。
今年もよろしくお願いします。
あの日から20年もたつんですね。
朝、テレビをつけて、目に飛び込んできた映像をすぐには理解できず、いったいなにが?と思ったのをとてもよく覚えています。
まさか、自分達にもそれが起きるとも思っていませんでした。
神戸も東北もまだまだいろんな問題がありますよね。
自分にできることは、小さいことかもしれないけど、心を寄せて、被災されて、いまだ帰れずにいる方々に・・と改めて思った日でした。
Commented by さえ at 2015-01-18 13:22 x
Σさん
いつも考えることは無理ですが、忘れないですね。

このおむすび印象に残ってるんですよね。
Commented by さえ at 2015-01-18 13:37 x
福島のくまちゃんさん
強い揺れにびっくりしましたが、
画面で見た光景にはただただ驚きでした。
神戸も東北も「もう」ということはなく、
「まだまだ」という現実を知らないといけませんね。