伝える

先日、追悼番組がありました。

小林麻央さん。
小林麻耶さんの妹さんで、海老蔵さんの奥さん。
私が知っているすべてでした。

「困っているひとを元気にしたい」
番組は、
私の知らないキャスターをされていた麻央さんから…
被災された方、難病について、自然や環境など。
多くの方に知ってもらいたい。
現状をちゃんと伝えたい。
お話を伺う方と、
心の温かさが同じで、想いの位置も同じ。
そんなことを感じながら、
初めて見る麻央さんは輝いていて、
とても新鮮でした。

「成田屋」に嫁ぐ。
日本の伝統芸能、歌舞伎。
歌舞伎役者の妻として、
長年支えてきて下さる皆さん、
劇場に足を運んで下さる皆さんに、
多くの方に感謝しながら対応されてる麻央さん。
お子さんの初お目見えに、
心配そうに、そしてほっとして笑顔になる麻央さん。

「なりたい自分になる」
麻央さんが始められたブログ。
BBCから、
2016年の「100人の女性」のひとりに選ばれました。
しばらく離れていた直接伝えるという場所。
正直すぎて驚くことも多かったですが、
真っすぐなこころを感じました。
勇気をもらい励まされて、
前向きに考えられるようにもなった、
そんな多くの方が訪れています。

  なりたい自分になる。
  人生をより色どり豊かなものにするために。
  だって、人生は一度きりだから。


  これは、6月16日のブログです。

今日初日ですね。
1歳の時お父さんの宙乗りを、
麻央さんの膝の上で見上げていました。
それを最年少で演じられるそう。

弟に布団を掛けてあげるお姉ちゃん。
うちは男二人だから、
早くご飯作れるようにならなきゃ…って。
(海老蔵さんブログより)

今、
幼いふたりが過ごしてる日々、
言葉にできない想いは、
私たちが想像するよりも、
もっともっと深いものですね。

病気になって、
誰とも共有しきれない苦しみや悲しみ、想い。
そういうものを経験してきた中で、
ご自分のこともわかるようになったけれど、
病気前は理解できなかったご主人の考え方や、
心の持ち方など感覚的なことを、
少し想像できるようになった部分があったそうです。

ご主人がいてくれなかったら、
こころが死んで生きていられなかったとも。


言葉にするのは簡単ですが、
悲しみ、喪失感、そんなこころとは別に、
多くの方に歌舞伎を観ていただきたい、伝えたい。
葛藤しながらも、ママが見てるからと劇場に向かう。
泣いても、気丈にふるまって気遣う。
そんなこころも届いていますよね。

幼いふたりの、ご主人の想い。
幼いふたりの、ご主人の日々。
それは、
麻央さんを色どる、輝く色、色、色。
そして、
幼いふたりの、ご主人の日々に、
麻央さんが色を添えていると思います。
家族4人がそれぞれ輝く幾色にもなって、
家族4人は色どり豊かな人生が続いてゆく。
勝手ですがそう思っています。



1月に放送された番組を見て感じたことを載せていました。
愛を伝えるために生まれた…言葉。
笑われそうだけど、
ずっと昔、突然そう思ってしまった。
なのに、そうじゃないことが多くて、
自分が嫌になることも多いです。
麻央さんは愛ある言葉で伝えられていますね。

今日からの公演が恙なく進んでいきますように。

















[PR]

by saebyj | 2017-07-03 16:27 | sae | Comments(0)