からだにいいこと何か やってる?

昨日も今日も夏日になってるところが多いですね。
真夏日のところもありました。
紫外線予防、水分補給してくださいね。


056.gifご紹介
★スタッフブログが更新
☆「天皇の料理番」制作発表
☆5/23の「めざましどようび」に出演



今日は、「缶ジュース発売記念日」
1954年のこの日、
明治製菓が日本初の缶ジュース「明治オレンジジュース」を発売しました。

缶ジュースで思い浮かぶのは「サンキストドリンク」と
「からだにいいこと何か やってる?」の言葉です。
この言葉で検索したら…
真っ先に、お宝ご紹介下さるUさんのブログがありました。
からだにいいこと何か やってる?
懐かしくご覧の方多いかもしれません。
よく飲みましたよね。
今はもう飲めないけれど、
HIROMIさんに逢うときの私たちはいつだって、
「ただ今 若さの真っ最中~」
あと1ヶ月でツアーが始まります。
このツアーに行けることが、
HIROMIさんに逢えることが、からだにいいこと♡



056.gifご紹介
★たぶん、もう30年以上前になるんだろう。
某飲料のCMで、こんな印象的な台詞があった。
郷ひろみさんの台詞。
「カラダにいいこと何かやってる?」
「何かカラダにいいことをする」のが、
かっこ良くておしゃれなんだという、
世の中の雰囲気を作り出すのに、
おそらく相当貢献したコマーシャルです。
で、その雰囲気はおそらく今現在の健康ブームにまでずっと、
ひと続きの流れとしてつながっている。
まあいってみれば、今この時代、
僕が「健康系の物書き」というお仕事で
食べていけているルーツといえるのかもしれない。
そういう意味では、郷ひろみさんに足を向けて寝られません(笑)

「健康法」的なものが世の中の関心事として注目されるのは、
日本では江戸時代の「養生訓」ぐらいまでさかのぼるお話。
このCMから歴史が始まったわけではありませんから。
さらにさかのぼれば、中国3000年の歴史とか、
古代ローマ時代などにおいても、健康法的なものごとは語られている。
つまり、健康法にはおそらく、
人間の歴史と同じぐらいの歴史があるということでしょう。
でも、健康トレンドの中身とか、向かう方向などが、
時代とともに変化しているのも事実。
かつて一世を風靡した「養生」という言葉の語感は、
今やさすがに、かなり古くさいイメージは否めません。
昭和40~50年代あたりの「健康法」も、
どちらかといえばちょっとやぼったいものというか、
少なくともスマートでおしゃれな印象とはかけ離れた存在だった。
紅茶キノコとか、ぶら下がり健康器とか。
それを、「カラダにいいこと何かやってる?」という
はつらつとした台詞で上塗りすることで、
新しいフェーズに入っていったのはたぶん間違いないでしょう。
だから、「郷ひろみがルーツ」説、
半分はけっこうまじめにそう思ってます。
[PR]

by saebyj | 2015-04-28 15:06 | 郷ひろみ