My Dear… hiromikin

My Dear… 26
大阪2日目。

金沢ぶりの♪My Dear…
昨年前進したのに、今年は2列後退。
後ろのドアから入って程なくして列…
覚悟はしていました…のですが、
「なんか近くない?」
「後方部隊に慣れたのかな?」
妹と感じたことは一緒でした。
そして、席に着くと、
「センターや~」
今回も、ステージもまるごと、
多くの客席、天井、サイドの客席など、
多くのものが見えますが、
妹と嬉しいセンターに喜んで、
その時を待ちました。


紫、真紅…多くの色が、
はらはらと舞う光が、
多くの光線がステージを会場を天井を彩る。
この席に座れてよかった。

カッコよく演奏が始まる曲。
気づけば大好きな曲。
一度聴いているはずなのに…
いつ聴いても泣きそうになる。

生まれ変わるけど、変わってない。
懐かしいままの曲と振り。
懐かしい掛け声が今は鉄板に。
鉄板の歌でも、今は新しい振り。

ひろみさんに恋してしまった日。
その日にちの違いはあっても、
多くの曲に、多くのかたの想いがあって、
いつもいつまでも、
「今」と「あの時」を繋いでくれる。


お話に出た「ひろみ菌」
会場に集うひとたちの「ひろみ菌」は、
元気に熱くひろみさんと弾けました。

はらはらと、
舞い…
落ちて…
浮かび上がって…
そんな光になって、
ひろみさんを包んで抱きしめて、
感謝の気持ちを伝えたかったです。







ひろみさんに恋してしまった優しい皆さん、
昨日はありがとうございました。




















[PR]

by saebyj | 2017-07-31 16:10 | 郷ひろみLIVE